とみみのゆるっと育児ブログ

はじめての妊娠・出産・育児について、記録していきます☺

Twitterやブログを始める、子どもの名前を考える【妊婦生活振り返り⑳(妊娠24週)】

 

日中にやることがなくて、だらけてしまう私。
そんな私に夫が提案してくれたのがブログを書くこと。
貴重な妊娠期の今について、書き記していくことを決めた、そんな24週です。

 

f:id:Maaaaaaa:20210714100551j:plain

 

 

 

 

ブログを始める

妊娠を通して、子どものことはもちろん、羊水検査とか家族のこととか、
たくさん悩んで考える時間が増えました。

この貴重で尊い妊娠期間のことを残してみたら?と提案してもらい、
ブログを始めることにしました。

普段、何を提案されても、「えー?」と否定気味に入ってしまう私も、
この提案にはなんだか乗り気でした。
書けそう、続けられそうと思ったんですよね。
なにより、このお腹の子のために、記録を残しておきたいなと。

そんな感じで、はてなブログでのブログがスタートしました。

 

 

 

Twitterを始める

ブログをスタートしたと同時に、Twitterを始めました。

はじめの目的は、ブログの閲覧数を上げるためでした。
どうせ書くなら、多くの人に読んでもらいたい、
そう思いTwitterのアカウントを開設しました。

 

妊娠や出産、子育てブログが響く、
ハッシュタグはなんだろうと思いながらTwitterを巡っていると、
「マタ垢」とよばれる、妊娠、出産の情報交換が行われている場Twitterにあることを発見。

何名かをフォローさせてもらい、日々タイムラインを閲覧してると、
有益な情報がたくさん流れてくるではありませんか。

それだけではなく、不安を言いあったりお腹の子の成長を喜び合ったり。
そこには共感しあうママさんたちがたくさんいたのです。

いつの日にか、私はブログ目的よりもTwitterでの共感のほうに惹かれてしまい、
気づいたらスマホTwitterを開いている私がいました。

知人には言いにくいこと、わざわざ言うほどのことではないこと、
それを気軽につぶやける。

そしてあたたかいいいねやコメントで励ましてくれる。
批判やけなすことなんてない、幸せがつまった場でした。

まだまだこれからもTwitterは活用させてもらいたいな。
ママになった人はぜひ、ママ用のTwitterアカウントを作ることをおすすめします。

 

 

 

子どもの名前を考える

私たちのお腹の子は男の子と判定されていたので、
ある日の休日に夫と子どもの名前を考えてみることに。
私たちの名づけの条件は以下の通りでした。

・読み間違えされない名前
→夫の名前の読みが難しくて、訂正するのが嫌だったそう。

・私か夫の名前と同じイニシャルで始まる名前
→家族のつながりを感じてほしい

・男の子なら、漢字一文字
→夫の名前が漢字一文字のため

イニシャルを絞って、漢字一文字となると、結構絞れるもので、
候補は20に満たないくらいに収まりました。
その中から響きや見た目が気になるものをピックアップして、10個くらいに絞って。

実際に名字と並べて書いてみたり、縦書き、横書きして見たり。
バランスを考えた結果、3つにまで絞ることができました。
うん、どれになってもいい名前。

お腹の子に話しかけながら、生まれるまでに候補を絞っていけたらな。

 

夫のご両親の話では、夫が生まれたとき、
生まれたての夫の顔を見てこれじゃないと、第一候補だった名前を変更したそう。

子どもの顔を見て、名前はこれだ!って一致するものなのかな~
夫は1週間直接も会えないしなー。どうするか考えておかないとだね。

 

 

名前候補が決まると、呼びかける度に嬉しそうに胎動を返してくれてる気がして
こっちまで嬉しくなりました。
大事に大事に決めていきたいな。

次は産前旅行のお話です!

 

◎次の記事 

tmmmmm.hatenablog.com

 

 

◎過去記事

tmmmmm.hatenablog.com