とみみのゆるっと育児ブログ

はじめての妊娠・出産・育児について、記録していきます☺

新しい病院での妊婦健診、姉や友人と会う【妊婦生活振り返り24(妊娠28週)】

 

ついに到達した妊娠後期。
安定期といわれる中期が終わり、
これからどんなことが待っているのだろうという不安と、
もうすぐ赤ちゃんに会えるという期待とが入り混じっていた28週です。

 

f:id:Maaaaaaa:20210727150525p:plain

 

 

 

 

新しい病院での妊婦健診

病院を変えるという決断をした26週から2週間。
とうとう新しい病院での妊婦健診の日がやってきました。

どんな病院でどんな先生でどんな診察をしてくれるのか
そして赤ちゃんは問題なく成長しているのか、不安でいっぱいでした。

病院までの道のりが、夫の通勤コースと同じだったので、ふたり並んで一緒に通勤。
楽しく会話することで不安を抱えすぎず、病院までたどり着くことができました。

 

病院内に入って一番びっくりしたのは、人の数の多さでした。
市の総合病院ということもあって、妊婦に限らずいろんな患者がいて。
特にご高齢の方が多かったな。

でも受付やシステムがしっかりしていて、スムーズに産科まで進むことができました。
産科の受付の方がとても親切丁寧で、この時点で「病院変えてよかった〜」としみじみ。
尿検査や血圧測定を済ませて、順番を待ちます。

 

診察では紹介状を渡していたので、
これまでの妊婦健診について聞かれたり、出産する病院について聞かれたり。

落ち着いた先生で高圧的な感じがなく、すごくリラックスすることができました。
周りにいる看護師さんたちもにこやかで優しそうで、
なにより先生とのコミュニケーションもよく取れている気がしてすごく安心しました。

そうそう、こういう病院に来たかったの!!と、すごく感激したのを覚えています。

 

赤ちゃんに会えるエコーの時間。
とても長い時間かけてやってくれて。

お口をパクパクしていたり、手で目をこすっていたり。
心臓も4つの袋が見えるようになっていて、すごく成長を感じました。
すくすく育ってるんだね。愛おしいよ。

 

この病院ではあと2回の健診だけど、ほんとに病院を変えてよかった。
なにより次の健診が楽しみだと、純粋に思えるのが嬉しかったな。

 

 

 

お出かけ

この週は立て続けにランチの予定が入っていました。
東京に来てから初めての夫以外の人との外食。
リフレッシュができました。

 

◎姉とランチ

私の家から車で30分くらいのところに住んでいる姉と姪っ子ちゃんとランチに。
なんでも頼れて、気配り上手な姉ちゃん。
妊娠中の悩みや里帰りのことなど、いっぱい話せてすごく楽しかった。
リラックスできたのが嬉しかったな。

1歳10ヶ月となる姪っ子ちゃんが可愛くて可愛くて。
以前よりお姉ちゃんになってて自己主張も強くなって、そして心を開いてくれてて。
歩くときに手を繋いでくれたりいっぱいお話してくれたり。
おばさんはメロメロでした。

お腹の子も2年後にはこうなってるのかなと、少し未来も見えた、そんな時間でした。

 

 

 

 

◎友人とランチ

東京にいる数少ない友人のふたりと3人でランチ。
元職場の同期で、部署や拠点は違ったものの、
東京に来てからとても仲良くしてくれているふたり。

3人とも前職から離れてるんだけど、みんな結婚して名字が変わって。
子どもがいたり妊娠してたり仕事に打ち込んでたり。

状況は変わっても、会って話すと当時と変わらないふたりがいて
すごく居心地のよい時間を過ごせました。楽しかったな。

 

 

妊娠のことばかりに気を取られて、家の中で不安がってばかりいたけど、
余裕ができて外に出られるとこんなにリフレッシュした気持ちになれるんだと嬉しくなりました。

里帰りまで残り数週。東京で思い残すことなく楽しむぞ。

 

◎次の記事

 

tmmmmm.hatenablog.com

 

 

◎過去記事

tmmmmm.hatenablog.com