とみみのゆるっと育児ブログ

はじめての妊娠・出産・育児について、記録していきます☺

正期産突入!やり残しのない妊婦生活を送る【妊婦生活振り返り33(妊娠37週)】

 

 

 

とうとう妊娠37週となり、正期産の時期を迎えました。
べびちゃんがいつ出てきても大丈夫という時期。
いよいよ会えるんだというわくわく感を感じざるを得ない一週間でした。

 

 

f:id:Maaaaaaa:20210921173241p:plain

 

 

 

正期産

妊婦の誰もが目標とする正期産、妊娠37週。
赤ちゃんがいつ生まれてきてもいいよという期間。
早産になることなくこの日を迎えられてホッとした気持ちでいっぱいでした。

と同時に出産へのプレッシャーも高まってきました。
おしるしはいつ来るのか、前駆陣痛ってどんな感じなのか、陣痛に耐えられるのか、
弱音を吐かないでやり遂げられるか…不安でいっぱいでした。

 

悩んでも恐れてもしょうがない。
今できることをしようってヨガやスクワット、散歩をする日々。

不安は消えないけどそんなのはみんな同じ。
みんな初めての出産を経験して、初めてママになるんだから、
うまくできなくても大丈夫。そう言い聞かせてました。

病院でもまだ降りてないって言われてるし、気楽に過ごそう、
そんなことを考えていた毎日でした。

 

 

 

 

胎動10カウント

里帰りしてから、毎日行うようになった胎動10カウント。
赤ちゃんが10回動くのにかかる時間を測定するのだけど、
それが毎回すごく早い…!!
10分以内がほとんどで、早いときは5分とかもある。

赤ちゃんが下りてくると胎動を感じにくくなって
10カウントに掛る時間も長くなるって聞いたけど、
その兆候がまったくないからまだまだなんだろうなと。

ともあれ胎動を感じられるのもあとちょっと!
元気に動く愛おしいお子を存分に感じたいと思います。

 

 

 

妊婦生活にやり残しなく!

妊婦生活もあとわずか!
そしていつ終わりが来るかわからない!今日かもしれない、明日かもしれない。
ので、やりたいことはやっておこう、甘えておきたいことは甘えておこうと
妊婦生活を満喫することに。

休日には家族とマックを食べて赤ちゃん用品の買い物に行って、
平日には散歩がてらコンビニスイーツを食べたりスタバに行ったり。
赤ちゃんが生まれてからは自由にできなくなることを楽しみました。

 

長くしんどいことも多かった妊婦生活ももうすぐ終わりを迎えます。
終わったときどんなことを思うんだろう。
お腹に何もいなくなる寂しさなのか、重責から一旦解放された安堵なのか。
目の前にいる赤ちゃんを可愛がりながらどんなことを感じるのかそれもまた楽しみです。

 

 

◎次の記事

tmmmmm.hatenablog.com

 

 

 

◎過去記事

tmmmmm.hatenablog.com