とみみのゆるっと育児ブログ

はじめての妊娠・出産・育児について、記録していきます☺

出産時、準備しててよかったもの

 

 

今回は出産、入院を通して準備してよかったなと思うものを書き留めておきます。

 

 

 

 

準備した荷物

初めに私が準備した荷物をご紹介。
以前ブログで紹介したのでぜひご覧ください。

 

tmmmmm.hatenablog.com

 

ネットを参考にして準備したので、以前の記事でも書いているように、
陣痛バッグと入院バッグの2つに分けて準備しました。

結果として私は、この2つに分ける必要はなかったなと思います。
飲み物やタオル、着替えなどを分散させて入れていたのですが、
どこに何を入れていたのかわからなくなって面倒だった…
むしろ衣類はこっち、食料はこっち、とバッグを小分けにするを方が
わかりやすくてよかったなと思います。

特に陣痛中は必要なものを立ち会ってくれる人に取ってもらうようお願いするので、
指示しやすく取り出しやすいのが一番です。

とにかくバッグを分けることにこだわらず、
自分がわかるように、取りやすいようにを心がけたらいいと思いました。

 

 

 

出産、入院中役立ったもの

次に出産があるときも用意するな、
またコロナ禍だからこそ必要だなと思ったものです。

 

スマホスタンド


f:id:Maaaaaaa:20211117101350j:image

一番用意してよかったなと思ったものです。
手すりや机に取り付け、自由な角度に調整することができるものを選びました。

入院部屋や分娩室がどんなところかわからなかったので、
取り付け幅が最大8cmと厚い、どこでも取り付けられる特徴があるものをチョイス。

 

今回は立会は一人まで、県外在住者はNG、面会はなしというコロナ禍での出産でした。
そのため出産中は夫にテレビ電話をつないでリモートで見守ってもらい、
入院中は夫や家族とテレビ電話をしてお子の様子を見てもらいました。

出産中に関しては誰かがずっとスマホを持っているわけにはいかないし、
入院中もお子を抱っこしながらとか授乳しながらの電話になることも多かったので
両手があくスマホスタンドは必須でした。

コロナ禍の出産を控えている人にはぜひおすすめしたいです。

 

 

・ポータブル充電器、延長コード

上述したように、出産中テレビ電話をしていたので電源の補給は必須でした。
出産はいつまでかかるかわからないし、
分娩室にコンセントを挿せる場所があるとも限らないので用意しておいたほうがよいでしょう。

延長コードは入院する部屋で活躍します。
出産後は軽々と動くことができないので、
電源が遠い場合にもそばでスマホを充電できるので役立ちます。

 

 

・着替え、タオル

ホルモンバランスの影響か、出産後私はすごく汗をかきました
また赤ちゃんは体温が高く、抱っこや授乳でぴったりくっついているときも汗をかきます。

汗をかいたまま同じ服を着続けるのは気持ち悪いので、
着替えはたくさん用意しておいたほうがいいです。

 

またタオルは汗を拭いたり枕に敷いたりして使いました。
授乳の関係で産後は小間切れの睡眠になるので、
次に寝るときに前回の汗のついたタオルで寝るのは気持ち悪いです。

 

 

・ストローキャップ

寝た状態でペットボトルの水分を補給できるストローキャップです。
出産中は長期戦だし、体力も使うので水分補給や栄養補給は欠かせません。
痛みに耐える陣痛中やベッドに寝転がる分娩中は
ペットボトルの水をいつものように飲むのは難しいため、
うつむいたまま、寝たままでも飲めるストローキャップは便利です。

ものにもよりますが、
サントリー南アルプスの天然水にはストローキャップがくっつかないことが多いようです。
準備していても使えないと意味がないのでしっかりチェックしておくことをおすすめします。

 

 

ウイダーinゼリー

短時間で栄養補給するにはこれが一番です。

正直、痛みで栄養補給、食事どころじゃないけど、周りからは食べろと言われます。
だから、一瞬で飲みきれて栄養補給できるウイダーinゼリーはいくつか用意しておくといいでしょう。

 

 

・メモ帳

意外にも準備しておいてよかったのがメモ帳です。

出産後、すぐに始まる育児は初めてのことばかりで覚えることがたくさんあります。
看護師さんに説明されて、覚えてられる!と思ったことも、
出産疲れや寝不足のせいか、数時間後には忘れてしまってることが多く
何度も聞いてしまうということが起こりました。

看護師さんに教わることは我が子に関わる大切なことなので間違えないよう、
忘れないようにするためにもメモは必須だなと私は思いました。

 

 

・スーパーの袋

ベッドからゴミ箱までは距離があるため、
ベッドにくくりつけられる袋を用意しておくと便利です。

出産後、体が重くベッドから動くのがしんどかったり、
子どもを抱っこしていると容易に動けなかったりするので、
そばに捨てられるビニール袋を取り付けておきましょう。

 

 

あったらよかったもの

・授乳ライト

用意しておけばよかったと切実に思ったのが授乳ライトです。

私の場合、産後1日目から母子同室がスタートしました。
子どもを寝かしつける際、明かりや音に気を配るのですが、
病院の明かりは天井の間接照明だったのでとても苦労しました。

上を向いて眠っている子どもは目を開けるとどうしても明るいライトの方を見ます。
目をつぶっていても天井が明るいと目を開けて眠りについてくれなくなります。

だからベッドに置けるタイプの授乳ライトが欲しいと入院中、切実に思っていました。

 

 

 

 

実際にやってみないと本当に必要なものはわからないなと思った入院生活でした。
いろんな記事やサイトを参考にして自分に必要そうなものを自分が快適に過ごせるように準備しましょう。

 

 

 

◎次の記事

tmmmmm.hatenablog.com